TOP PAGE >EXHIBITION >セックス·関係 ·ETC

セックス·関係 ·ETC exhibition

題名 / Title: セックス·関係 ·ETC (Sex·Connection·etcetera)

セックス·関係 ·ETC

詳細 / DETAIL

Adrià Ginger と Jin Tongによる展覧会「セックス・関係・など」が、2017年12月16日(土)から12月24日(土)まで開催されます。
(共催:アップタウン高円寺ギャラリー)

Adrià Gingerによる生殖器を題材とした絵画、Jin Tongによる男性や女性をテーマとするイラストレーションが同時に展示されます。
同展覧会は、人間が生物学的また情緒的な特性として、相互に関係を求め合う循環についてテーマとするもので、初の共同展示となります。

この世界には、あなた自身からと同時に他者からのものとして、繋がりを求める欲求が存在し、様々な葛藤を引き起こしています。身体的な観点からすれば、肉体の再生を求める身体的な受精行動として、またフリクションへの没頭として、この結合は生殖器の結合によって達成されます。これら私達相互の繋がりを求める欲求は、生命と歓喜、ときには恐れや苦痛をもたらします。孤独や悪夢は人々の心に存在します。様々な文化や様式に対する無理解や同化が存在しています。世界には男性と女性が存在し、その間には、愛の熱狂とともに、私たち全ての絆が求められています。



Up Town Koenji Gallery is pleased to present a joint exhibition by Adrià Ginger and Jin Tong. The exhibition, entitled 「セックス·関係 ·ETC」(Sex·Connection·etcetera) will be held from December 16th (Saturday) until December 24th
(Sunday), 2017.

Genitalia paintings by Adrià Ginger, male and female illustrations by Jin Tong hang together for the first time as a joint exhibition whose theme revolves about the way humans, defined by their biological and emotional characteristics, pursue connection with each other.

There is a desire of connection in this world; your own desire, but also the other’s desire, which results in conflict. From a mere
physical point of view, this connection is done by our sexual organs pushed by our bodies’ fertility in a pursue of reproduction and by the addiction to friction. These sought connections between us become life and pleasure, but also dread and pain. Loneliness and
nightmares exist in people’s hearts. There is incomprehension and at the same time, there is assimilation of cultures and genres.
There are men and women and everything in the middle. There is a thrill of affection and the need of relationships among all of us.


アーティスト / ARTISTS

ADRIÀ GINGER (アドリア・ジンジャー)

・1987年6月スペイン・バルセロナ生まれ、東京在住。

・英国Screen Academy Scotlandにおいて修士号取得(Film分野)。

・油彩、アクリル、デジタル効果、マーカー等を複合的に用いた作品を制作しており、欧州、カナダ、日本、中国などで広く評価されている。
最近の5年ほどは、フィルムメーカーとして世界を巡りながら絵画を制作している。

Born in June 1987, Barcelona, Spain. Graduated with a MA Degree in Film from the Screen Academy Scotland. He lives in Tokyo.
His works on canvas combines different techniques such as oil and acrylic painting, digital effects and the use of markers.
His works are spread between Europe, Canada, Japan and China. Adrià is being painting for nearly five years, activity that he's been combining with traveling the world as a filmmaker.


靳彤 JIN TONG (キントウ)

・1991年10月中国河北省生まれ。

・東京芸術大学美術研究科先端芸術表現に在学中。

・美術専攻9年、絵画制作は10年程度。制作の中心は写真だが、パフォーマンスアート、イラストレーションなど幅広く制作している。
フリーのカメラマンとグラフィックデザイナーとして活動中。

Born in October 1991, Hebei, China. Currently student at the Tokyo University of Arts. She has been painting for nearly ten years and has been studying art for nine years. Her art works is varied, covering photography, performance and illustration among other
medias. Jin worked as a freelance graphic designer, photographer and stylist and is currently based in Tokyo.

Join FACEBOOK event

期間
Duration
12月16日(土)– 24日(日)、2017
December 16 (Sat) – 24 (Sun), 2017

時間 / Hours: 14:00 – 20:00
閉廊日 / Closed: 月曜日 / Monday

オープニングレセプション / Opening reception:
12月16日(土)、18:00~
December 16 (Sat), 18:00~

クロージング / Closing ceremony:
12月24日(日)、18:00~
December 24 (Sun), 18:00~
会場
Venue
アップタウン高円寺ギャラリー
〒166-0003東京都杉並区高円寺南3-23-16(新高円寺通り商店街) プレッジウッド2F

Uptown Koenji Gallery
3-23-16 Koenjiminami, Pledge-wood 2F ( Shin-Koenji shopping street) 〒166-0003 Suginami-ku, Tokyo

tel.080-9091-4847
info@utk-g.jp
注意事項
Notes
免責事項 / Disclaimer: {+18}
おことわり
本展覧会の作品には性的描写が含まれるものがあります。芸術作品として制作されたものではありますが、ご自身の責任において、ご入場、
ご鑑賞ください。また、18歳未満の方の入場をお断りいたします。
Please be aware that some works of this exhibition contain sexually explicit images and may be unsuitable for young people.

入場無料 / FREE